本質的にブランディングを理解する勉強会のご案内

やってみます
ムロヤ 2022.06.25
誰でも

SEOや広告運用など獲得系マーケに慣れ親しんだあと、仕事の幅を広げたりキャリア構築の観点からも「ブランディングを習得していきたい」というお悩みをよく聞きます。

そこでちょっとやってみたいと思っておりまして、受講希望の方は以下のフォームから手をあげていただけないでしょうか?一定人数集まったら、日程調整して開催したいなと思っています!(オンラインを想定)

もちろん、獲得系マーケに携わっていなくても、要点と実際にどんなアクションをとって行ったらいいか掴みやすいような内容にしたいと思っていますので、興味のある方はどなたでもどうぞ。

大量の読書と、実践経験から、真の要点を共有できればと思います。学習のスピードアップの助けになれば嬉しいです。

参考)以前にこういうニュースレターも配信していました。

【奮闘記】WEBマーケゴリゴリだった私がブランディングを勉強してきて「ここはたしかにな」「気をつけたいな」と思ったポイント27選

→WEBマーケゴリゴリの私がブランディングを勉強してきて「ここはたしかにな」「気をつけたいな」と思ったところを紹介したいと思います。勉強法や実践のポイントなど27つあります。

こんな感じの内容を考えています。要望聞きながら調整します。

<内容>

・獲得系マーケ(ダイレクトマーケティング)では解決できないことを、商売の原理原則から腹落ちする

・大量の本を読んで感じた、ブランディングの世界のグローバルなフレームワークの使い所と、大多数の人たちにとっての無理のないブランディングの勉強方法

・ダイレクトマーケとブランディングの違い、使い分け

・CPAで評価できるの?獲得系マーケ畑の色眼鏡を外して理解する、ブランディングの世界の評価方法

・色々つまづいてわかったブランディングの本質的思考ー商売繁盛につながるブランド設計ー

・大企業ほど広告宣伝費がなくてもできるブランド構築のためのデジタル発信方法(WebマーケやPRを駆使)

・まずはここからやってみよう!無理のない実践方法と進め方

<時間>

90分程度

<料金>

4,900円

※ムロヤメルマガの有料読者の方は1,000円

受講希望の方は以下のフォームから入力お願いします!

一定人数集まれば、日程調整して開催したいなと思っています!(オンラインを想定)

----------有料購読者限定のおすすめニュースレター----------

意外と知らない企業分析の方法-デジタルマーケティング編-

→ムロヤがよくやってる分析手法について公開しました。

「AとBをつなぐ」思考法

→マーケティングとは無縁だったムロヤが、どんな感じでマーケティング学んでいったかをシェアしたいと思います。理系の方には馴染みやすいかも。

【奮闘記】WEBマーケゴリゴリだった私がブランディングを勉強してきて「ここはたしかにな」「気をつけたいな」と思ったポイント27選

→WEBマーケゴリゴリの私がブランディングを勉強してきて「ここはたしかにな」「気をつけたいな」と思ったところを紹介したいと思います。勉強法や実践のポイントなど27つあります。

----------このニュースレターについて----------

「思考力アップ」をコンセプトに、マーケティングや組織マネジメントなど一緒に楽しく学びましょう。成功させるための骨太な考え方などもご紹介。

----------発行人のムロヤについて----------

専門はSNS、マーケティング、組織マネジメント。人間はなんでこうなってるかの原理を知りたいタイプ。2022年は二冊目出版に向け執筆中です。マーケティング本部長@ホットリンク

Twitter:@rmuroya

ブログ:https://oshamambe.jp/

自己紹介ページ:https://oshamambe.jp/about

「【爆速成長】ムロヤメルマガ」をメールで読みませんか?

無料で「【爆速成長】ムロヤメルマガ」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
インプットは細切れよりもまとまった時間をとってしよう
有料限定
事業の「再現性」を高める方法
有料限定
具体的な施策に落とせないのは、ファジーな理解をしているから
有料限定
サイトCVR改善の高速PDCAサイクルを実現化させる言葉たち
有料限定
「専門用語―概念―データ」の三位一体理解法
有料限定
ananのSEX特集の広告から学ぶコンテンツマッチと受容性のお話
読者限定
ムロヤメルマガ有料読者さん限定Zoomお茶会のご案内【8/18(木)-8/19(金)期間】
有料限定
【お聞かせください】マーケ勉強会、どういうのに参加したいですか?
誰でも