「差別化」の本質を知らないと「差別化の罠」にはまる

この差別化、奥が深いですし、闇も深いです。どんな闇があるかというと、差別化のために差別化を図ろうとする罠があるからです。
ムロヤ 2022.06.04
読者限定

今回は「差別化」について。もはやマーケティングの枠を超えて、ちょっとしたプロデューサー気質の一般人の方々も使うような言葉になりつつありますよね。

この差別化、奥が深いですし、闇も深いです笑

どんな闇があるかというと、「差別化のために差別化を図ろうとする罠」があるからです。

どういうことでしょうか?

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3602文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

インプットは細切れよりもまとまった時間をとってしよう
有料限定
事業の「再現性」を高める方法
有料限定
具体的な施策に落とせないのは、ファジーな理解をしているから
有料限定
サイトCVR改善の高速PDCAサイクルを実現化させる言葉たち
有料限定
「専門用語―概念―データ」の三位一体理解法
有料限定
ananのSEX特集の広告から学ぶコンテンツマッチと受容性のお話
読者限定
ムロヤメルマガ有料読者さん限定Zoomお茶会のご案内【8/18(木)-8/19(金)期間】
有料限定
【お聞かせください】マーケ勉強会、どういうのに参加したいですか?
誰でも