「差別化」の本質を知らないと「差別化の罠」にはまる

この差別化、奥が深いですし、闇も深いです。どんな闇があるかというと、差別化のために差別化を図ろうとする罠があるからです。
ムロヤ 2022.06.04
読者限定

今回は「差別化」について。もはやマーケティングの枠を超えて、ちょっとしたプロデューサー気質の一般人の方々も使うような言葉になりつつありますよね。

この差別化、奥が深いですし、闇も深いです笑

どんな闇があるかというと、「差別化のために差別化を図ろうとする罠」があるからです。

どういうことでしょうか?

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3602文字あります。

すでに登録された方はこちら