付箋メモ『「売る」から、「売れる」へ。 水野学のブランディングデザイン講義』

今回は、とっつきやすいブランディング系の本を紹介します。
ムロヤ 2022.05.11
読者限定

実際に付箋をした箇所と、そのプラスアルファの解説・考察をお伝えします。

今回は、とっつきやすいブランディング系の本を紹介します。

高度に抽象的でとっつきにくいブランディングを、とても身近に、考えやすい概念で紹介しています。アーカーやケラーやカプフェレなどのブランド論の巨人の本も良いのですが、咀嚼しやすい最初の一冊目としておすすめです。

水野学『「売る」から、「売れる」へ。 水野学のブランディングデザイン講義』

Amazonはこちら

「くまモン」や「中川政七商店」「東京ミッドタウン」「相鉄」などの実績で知られるクリエイティブディレクターの水野学さんの本です。

マーケティング、ブランディングとデザインは切っても切れない関係です。

▼ムロヤの付箋と心の声

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5237文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

インプットは細切れよりもまとまった時間をとってしよう
有料限定
事業の「再現性」を高める方法
有料限定
具体的な施策に落とせないのは、ファジーな理解をしているから
有料限定
サイトCVR改善の高速PDCAサイクルを実現化させる言葉たち
有料限定
「専門用語―概念―データ」の三位一体理解法
有料限定
ananのSEX特集の広告から学ぶコンテンツマッチと受容性のお話
読者限定
ムロヤメルマガ有料読者さん限定Zoomお茶会のご案内【8/18(木)-8/19(金)期間】
有料限定
【お聞かせください】マーケ勉強会、どういうのに参加したいですか?
誰でも