「専門用語―概念―データ」の三位一体理解法

専門用語や、管理画面の指標の数に圧倒されないために意識してやってることをシェアします。
ムロヤ 2022.08.22
有料限定

こんにちは、ムロヤです。

マーケティングって、いろんな専門用語が多いんですよね。ブランディングとかPRとかマーケティングコミュニケーションとか認知とか助成想起とか購買意向とか。略語だとCPA、CPC、CTR、ATL、ROAS、SEO、MA……似たような言葉もいくつも存在しています。

自分もマーケティングを学びだしたころ、専門用語の数に圧倒されました。どんだけあるねんと。

この記事は有料読者限定です

続きは、1424文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

インプットは細切れよりもまとまった時間をとってしよう
有料限定
事業の「再現性」を高める方法
有料限定
具体的な施策に落とせないのは、ファジーな理解をしているから
有料限定
サイトCVR改善の高速PDCAサイクルを実現化させる言葉たち
有料限定
ananのSEX特集の広告から学ぶコンテンツマッチと受容性のお話
読者限定
ムロヤメルマガ有料読者さん限定Zoomお茶会のご案内【8/18(木)-8/19(金)期間】
有料限定
【お聞かせください】マーケ勉強会、どういうのに参加したいですか?
誰でも
よく使うフレームワーク、あまり使わないフレームワーク
読者限定