複利の仕組みを経営・マーケティングにも活かしたい

こういう構造をしっかり把握して、経営とかマーケの仕組みに取り入れたい
ムロヤ 2023.02.05
サポートメンバー

リボ払いは怖すぎですよね。

例えば200万円の高級腕時計を月々5000円支払い、実質年率が15%だとこんな感じになります。

https://www.jcca-office.gr.jp/consumer/basic/revolving/
https://www.jcca-office.gr.jp/consumer/basic/revolving/

https://www.jcca-office.gr.jp/consumer/basic/revolving/
https://www.jcca-office.gr.jp/consumer/basic/revolving/

手数料で500万円くらい取られてます。怖すぎ。

リボ払いは少額返済ばかりしてると、利子が膨らんでいつまで立っても終わらない。気軽にリボ払いを進めるイノシシのかわいいCMは恐怖。

これが複利の威力。複利について、アインシュタインが「人類最大の発明」「宇宙で最も偉大な力」とも呼んだと言われているそうです。

敵にすると怖いけど、味方にすると強力。

元本の利子が利子を生むようなもの。時間が経てば立つほど大きく膨らむ。なので、複利を味方につけたい。

他にもこんな構造があります。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、808文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

刀のプレスリリースをじっくりみたら訴求の学びの宝庫な件
サポートメンバー
いずれ「サチる」んだから、ちっちゃくまとまるなよ
サポートメンバー
マーケのアロケはお金以外に「時間」も気をつけよう
サポートメンバー
2月に配信したマーケ記事のご紹介
誰でも
ムロヤの読書法
読者限定
【論文紹介】店頭での「衝動買い」に対応できていますか?
サポートメンバー
爆裂にマーケ施策を繰り出す人の頭の中
サポートメンバー
新奇性あって効果的な施策を追い求めてもそれは幻想
誰でも