競合が弱いところを狙う

市場をどう捉えるか。
ムロヤ 2022.11.20
有料限定

SWOT分析、便利なフレームワークです。マーケティング戦略を組み立てる上で、活用頻度は少ないですが便利です。

<関連記事>

ただ、このフレームワークの要注意なところは

・人によっては機会と思ってるところが、ある人にとっては脅威だと思ってる

・人によっては強みと思ってるところが、ある人にとっては弱みだと思ってる

です。機会と驚異、強みと弱みはコインの裏表みたいな関係ですしね。

私は早口の特徴を持っておりますが、きっとYouTubeではジェットカットの編集せずともノーマルモードで1.5倍速でペラペラ喋れそうですが、きっとご高齢の方もいっぱい訪れるような役所の窓口業務では何言ってるかわからなくて苦情が殺到する職員になれそうです。

ドラッカーのこの有名な言葉があるように、「強みを活かす」ことを大切にしています。

「強みのみが成果を生む。弱みはたかだか頭痛を生むくらいのものである。しかも弱みをなくしたからといっても何も生まれはしない。弱みをなくすことにエネルギーを注ぐのではなく、強みを生かすことにエネルギーを費やさなければならない。」
ドラッカー『経営者の条件』P134

ドラッカーの関連記事

また、市場開拓戦略を考えるときは、

この記事は有料読者限定です

続きは、826文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

11月に配信したマーケ記事のご紹介
誰でも
今やるべきマーケ施策はマイナス→ゼロか、ゼロ→プラスか。
有料限定
【12/4開催】「実践コンテンツマーケティング講座」@千葉の詳細更新!
誰でも
成長戦略として「効果的」を追求すべきときに「効率的」を追求してもアレで...
有料限定
資産性のあるマーケティング施策もやろう。コツコツ積み上げよう。
有料限定
【12/4開催】ムロヤ主催の勉強会「実践コンテンツマーケティング講座」@千葉のご案内
誰でも
ポジショントークに飲まれると利益を削られるかも
読者限定
10月に配信したマーケ記事のご紹介
誰でも