マーケティングの資源配分:お金と同じくらい「時間」にも注目

マーケティング施策のリソース分配
ムロヤ 2023.03.06
誰でも

ひとは成果に焦っちゃうと、ついつい走り続けてしまう。

また、限界に感じてきたら、追加投資をして人を増やしたり外注したり、凝った施策をやろうとしがち。広告費等の販管費のアロケーションも大事ですが、時間という資源にも目を向けること。というか、時間がアロケしやすいのに、おざなりになっていたらもったいないです。

これは時間の使い方としてダメな例

・100%のリソース(時間)を「効果薄いマーケ戦術の立案・実行」に使ってる

時間は誰しもが平等に与えられたリソースです。

1日24時間をみな平等に与えられています。この有限の1日24時間、1週間であれば168時間の有効な使い道を編み出すのです。

上記のようなダメな例は、刃がボロボロで切れ味が悪い斧を使って、一生懸命切ろうとしまくって行動してる木こりのようだ。

ひとは成果に焦っちゃうと、ついつい走り続けてしまいますが、だからこそ、成果に焦った時こそ立ち止まることです。

時間の使い方としていい例

・ちゃんと立ち止まってデータとか見る時間確保して、的確な現状把握をして、必要があれば戦略や戦術の見直しをする

・手癖で発想してるような効果薄いマーケ戦術ではなく、世界中からアイデア収集して、より効果の高いマーケ施策の立案・実行に時間を割く

こうすることで、より効果的な施策の立案・遂行が進みます。

具体的な方法として、「緊急度x重要度」とかのフレームワークをどんどん使って、まずは書き出して整理しましょう。

あとは鬼速PDCAで紹介されている工数棚卸しシートを使って洗い出すのが個人的なおすすめです。

https://zuu.co.jp/recruit/interview/id=247

https://zuu.co.jp/recruit/interview/id=247

忙しいあなた!

「時間のアロケ」を吟味することに、まずは時間を注ぎませんか?!!?!

無料で「ムロヤメルマガ【必需品の思考法をあなたに】」をメールでお届けします。コンテンツを見逃さず、読者限定記事も受け取れます。

すでに登録済みの方は こちら

誰でも
戦略も大事だけど、なんやかんやで「強い戦術が浮かびますか?」の問いに自信を持って応えられるかがガチ勢...
誰でも
本譲ります2024春【締め切り:3月31日(日)23:59】
誰でも
マーケティングについて理解のある経営陣のもとで働けるのは幸せなことだ
読者限定
戦略本棚
誰でも
サイエンスコミュニケーター尊い
読者限定
思うこと
誰でも
消費者理解はマーケティングの基盤、人間理解は人生の基礎
誰でも
マーケティングは総合格闘技ではなく総合芸術だと思うようにした話