マーケティングのフレームワークで溺れそうなら「商売の原理原則」から掴んでいきましょう

GENRI☆GENSOKU
ムロヤ 2022.07.18
有料限定

細かいノウハウよりも、大きな大原則に則ったほうが何かと苦労は少ないと思っています。

例えばマーケティングであれば、いろんなノウハウやフレームワークがありますよね。仕事道具で例えるならば、いろんな工具とか概念があるような状態です。

でもビジネスでやるべきことってだいたいシンプル。トップラインである売上と、ボトムラインである利益をどれだけ生み出すか。

この記事は有料読者限定です

続きは、1929文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

インプットは細切れよりもまとまった時間をとってしよう
有料限定
事業の「再現性」を高める方法
有料限定
具体的な施策に落とせないのは、ファジーな理解をしているから
有料限定
サイトCVR改善の高速PDCAサイクルを実現化させる言葉たち
有料限定
「専門用語―概念―データ」の三位一体理解法
有料限定
ananのSEX特集の広告から学ぶコンテンツマッチと受容性のお話
読者限定
ムロヤメルマガ有料読者さん限定Zoomお茶会のご案内【8/18(木)-8/19(金)期間】
有料限定
【お聞かせください】マーケ勉強会、どういうのに参加したいですか?
誰でも